カードローンを申込するときに覚えておきたいポイント!

カードローンを申込するときに覚えておきたいポイント!

申込みの際の注意点

お金がどおしてもなくて困った・・。という時にはいろいろな方法をつかって審査に通ろうとするものです。でもその方法がかえって審査を通りにくくしていることもあります。申込みの際にはそのことを頭に入れておきましょう。まず審査に通るために申込みの時に虚偽の情報を入力することはやめましょう。少しでも印象をよく、と思うかもしれませんが場合によっては詐欺行為にあたることもあります。ただ記入に虚偽があっても裁判にするような貸金業者はないと思いますが、印象は当然悪くなります。こちらの借入状況や借金の有無、過去の借入履歴はすべて個人信用情報に残っているのですぐにわかってしまうのです。さらに失業してお金が足りなくなってしまった・・。という時収入がないのではお金は借りられないので以前の勤務先などを書くかもしれませんが、在籍確認を必ずとるので籍がないことはすぐにわかってしまいます。さらに審査に通るかが心配で複数の業者に同時に申込をするというのもやめましょう。「たくさん申し込めばどこかは大丈夫だろう」と思うかもしれませんが、どこの会社に借入申請をしたかも個人信用情報で共有されています。あちこちに申込をしているというのは計画性のなさを示すことになりマイナスのイメージを与えます。ですから一回申込んだら2~3か月は期間を開けるようにしましょう。個人のキャッシング情報はすべての金融機関で共有されていて隠せないということを忘れないように、スマートな資金調達を目指すようにしましょう。